HOME>イチオシ情報>マンション管理組合は建物の定期的な大規模修繕工事をしながら長寿命化を図る必要性
マンション工事

刻々と腐食や劣化が進んでいるマンション

マンション建設は高度経済成長時代から増えてきたので当時建てられたマンションは既に半世紀を超えています。メンテナンスを十分やっていてもそろそろ建て替えの必要な時期に差し掛かっています。今後も、寿命を迎えるマンションが年々増加してくるはずです。建築物はすべて、竣工後から刻々と腐食や劣化が進行していくのを止められるわけでないからです。そこで、どのマンションでも必要になる都度行う小規模な補修工事の他に12年から15年間隔で大規模修繕工事を行って長寿命化を図るのが通例です。マンション大規模修繕工事では風雨や紫外線、或いは大気中の粉塵等の影響を受けやすい屋根や外壁を中心として水回り設備、その他のユーティリティーや昇降機等の補修、取り換え工事が集中的に行われます。マンション大規模修繕工事は入居者全員で構成する管理組合が総会で決議して行うものです。ところが、管理組合の構成員は様々な職業で働く人たちの集まりで、建物の維持管理については管理会社を通じて業者を頼るしかありません。

平素から続ける管理会社との情報交換

このため、殆どのマンション大規模修繕工事では建物の維持管理を専門業務とするマンション管理会社に委託しているわけです。工事が必要になれば管理組合が独自に業者選択して問題ないわけですが、管理会社から紹介される工事業者の合い見積もりの中から選ぶケースが多くなりがちです。また、一定間隔で行う大規模修繕工事の計画作成から工事についても管理組合が工事業者を選んで依頼するわけですが、管理組合だけで適切な工事業者を選択するには業界情報や工事技術に関する知識不足が否めません。更に、工事業者から見れば技術的に殆ど知識を持っていない管理組合役員には表面的に良い返事をしただけで手抜き工事をする例があとを絶たないのが実態です。従って、こうした工事を排除するには平素からマンション管理会社と情報交換を密にして信頼関係を醸成しておくことが大切です。

広告募集中